浜松餃子=マルマツ餃子 その魅力
もはや楽器・うなぎに続く浜松の代名詞ともいわれるほどに全国的な知名度を誇る浜松餃子。その躍進を支えるのが当社の業務用餃子です。安心・おいしいを追及し、一日製造100万粒。食品メーカーとして伝統ある浜松餃子の発展にこれからも寄与していきます。
社長
あいさつ
浜松餃子は戦後中国から引き揚げてきた人たちが駅前の屋台で売り始めたのが始まりといわれています。良質なキャベツの産地が近郊にあったことや養豚業が盛んだったことなどから餃子作りが広まっていきました。さらに箸休めとしてゆでもやしを添える浜松餃子独特な食べ方が定着していきました。
当社は1966年の創業以来、浜松の地で餃子作りを開始し、いまでは人口81万人の浜松市の多くの皆さまに親しまれています。お店で食べるだけではなく家庭に持ち帰って食べることが日常的になっており、その味わいは浜松市内だけではなく中京地区を中心に全国でご支持を頂いています。
当社の主要食材であるキャベツは、主に群馬県嬬恋産や愛知県渥美産などの新鮮なものを使用し、豚肉は国産のフレッシュ肉を主体で使用していますが、特にこだわり続け研究を重ねているのが、皮作りです。「餃子のおいしさは皮が命」と小麦の選定から食べたときの食感を追求、努力をしてきた結果、具を引き立たせ理想的な食感が実現し、何度でも食べたくなる餃子が仕上がったのです。
食品メーカーとしての美味しさの追求とともに安全・安心を追求、実現することは必要な条件であり、常に品質管理向上のための努力を続けています。また、全国区となった今、業務用市場に向けて対応するため、新たに新工場を稼働させ、細かなオーダーにも今まで以上に対応できる体制を築くことができました。これからも浜松餃子の多様化に対応するため、さらなる努力をしていきます。
会社概要
会社名株式会社マルマツ
所在地〒431-0102 静岡県浜松市西区雄踏町宇布見1703-1
TEL(053)592-1432(代)
FAX(053)596-1830
創立昭和41年7月1日
役員代表取締役社長 山下光明
事業内容チルドぎょうざ・冷凍ぎょうざの製造
資本金1,000万円
取引銀行静岡銀行雄踏支店/遠州信用金庫雄踏支店
沿革
昭和41年浜名郡雄踏町宇布見5378番地に株式会社丸松商店を設立創業
昭和50年株式会社マルマツに社名変更。浜名郡雄踏町宇布見1703-1に本社を移転
昭和63年現在地に新社屋完成
平成元年JAS農林水産大臣認定工場となる
平成9年冷凍ぎょうざ専用製造ラインを増設
平成12年本社が静岡県のミニHACCPを認証取得
平成22年冷凍専用第2工場稼働
平成23年中国工場稼働
平成24年冷凍専用第2工場が静岡県のミニHACCPを認証取得
平成28年本社工場・冷凍専用第2工場 ISO22000:2005を認証取得
工場紹介
1日100万粒を製造する3工場体制
本社の第一工場に加え、平成22年に本社横に第2工場(冷凍専用工場)を竣工。中国工場(青島)と合わせ、3工場体制を確立。「食」の安全・安心に努め、原材料の選別から加工、梱包、販売までの一貫生産システムのもと、安全でおいしい餃子を製造しています。

本社工場

冷凍専用第2工場

中国工場(青島)
 
【本社】〒431-0102 静岡県浜松市西区雄踏町宇布見1703-1 TEL 053-592-1432(代) FAX 053-596-1830
Copyright© Marumatsu Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ページの先頭へ